ラポマインの成分ってチチガにも効くの?

チチガ 薬

ワキガ臭を99.99%殺菌できるクリーム

 

累計売上げ80万本突破

 

メディアやスキンケア大学でも紹介

 

使った人の83%がにおいが無くなったと回答

 

1本で、保湿・殺菌・制汗ができる

 

 

 

そんな、ラポマインの成分はチチガのニオイにも効果があるのでしょうか?

 

ラポマインってチチガに効くの?

 

大丈夫です!
ラポマインはチチガのニオイにもちゃんと効果があります。
チチガの薬として十分に使う事ができるクリームです。

 

その理由は、ワキガのニオイの仕組みとチチガのニオイの仕組みが同じだからです。
なので、ワキガ用クリームとして販売していますがラポマインはワキ以外の場所でも使う事ができます。

 

でもなんで乳首が臭くなるの? チチガの原因

ラポマインの成分はチチガにもちゃんと効果が出る?
そもそも汗に大きく分けて2種類あります。

 

全身から出てくるエクリン汗線という毛穴から出る汗と、アポクリン汗線という所から出てくる汗です。
問題は、アポクリン汗線から出てくる汗で、ここから出てくる脂肪やタンパク質が皮膚上の菌に分解される事で腐敗臭を出します。

 

チチガの人は乳りんの周りに人よりも多くアポクリン線があるため臭いが強くなります。

 

このアポクリン線がワキにおおいとワキガになり
乳首周りに多くなるとチチガになるというわけです。

 

ラポマインに入っているチチガに効く成分ってどんなの?

ラポマインの成分はチチガにもちゃんと効果が出る?

 

シナノキ、オウバク、オトギリソウ、カモミラエキスといった天然成分を21種類配合しています。
これによりアポクリン線から余分な汗や皮脂が分泌されないようにしてくれます。

 

臭いの元となる、アポクリン線からの汗を抑えてくれるので臭いがしないという仕組みです。

 

殺菌効果で菌を全滅!

アポクリン線から出る汗を抑えることでチチガの問題はほぼ解決しているのですがラポマインはそこでは終わりません
「イソプロピルメチルフェノール」という成分は乳首周りにいる臭いを発生させる菌を99.99%殺菌してしまいます。

 

  • 臭いの元になるアポクリン線からの汗を止め
  • 臭いを作る菌を99.99%殺菌

 

このW効果によってチチガの臭いを抑え込むのがラポマインのやっている事です。

ラポマインに使われているチチガに効く全成分

ラポマインの成分はチチガにもちゃんと効果が出る?
チチガに効く有効成分
パラフェノールスルホン酸亜鉛
イソプロピルメチルフェノール
シメンー5ーオール(イソプロピルメチルフェノール)

 

その他の成分
柿タンニン(パンシル)、大豆エキス、オトギリソウエキス、シナノキエキス、、トウキンセンカエキス、、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、グリチルリチン酸2K、テトラヘキシルデカン酸アスコルピル、フェノキシエタノール、濃グリセリン、米ヌカスフィンゴ、、糖脂質、精製水。

ラポマインのお得情報

ラポマインの成分はチチガにもちゃんと効果が出る?

 

ラポマインには継続して使いやすいように公式サイトではお得な定期コースが用意されています。
通常で購入するよりも67%も安くでラポマインを買うことができるのでかなりお得です。

 

しかも、永久返金保証も付いているのでもしチチガに期待できるような効果が無かった場合は返品する事もできます。
ラポマインの定期コースは4回継続という縛りはありますが、それでも通常価格で買うよりも条件はいいので定期コースがオススメです。

 

▼ 詳しい詳細については下記リンクから公式サイトをチェックしてみてください ▼